1. トップページ > 
  2. 転職役立ちコラム

転職役立ちコラム 一覧

女性獣医師の本音トーク その4 Part1(①働く現場の生の声+⑤復職への道)

新卒で動物病院に就職した女性獣医師のおよそ8割が40代になる前に臨床現場から去ってしまいます。大学の卒業時には男女ほぼ同数が小動物臨床現場に入ったにも関わらず、なぜ女性だけがこんなにも臨床現場を離れるのでしょうか。

女性獣医師の本音トーク その3 特別編 / 院長による女性院長インタビュー

現役女性院長が「女性に優しい病院として実際に女性獣医師が復職されている動物病院の女性院長のインタビュー記事をお送り下さいました。 この記事は、ベテリナリオが院長に「優しい病院とはこうあるべき」とお伝えしたい内容がズバリありますので、「女性獣医師の本音トーク」というタイトルではありますが、特別編として掲載します。

女性獣医師の本音トーク その2(①働く現場の生の声+②院長への提言)

家事と仕事を両立しながら動物病院の第一線で働く女性獣医師のジレンマを、本音トークで語っていただきました。働きたいけど難しい、その理由を経験者だからこその視点でいくつも上げて頂きました。また、それを改善するための対策もご提案いただいています。これからの女性獣医師の新しい働き方として、是非、一緒に考えていきたい内容です。

女性獣医師の本音トーク その1 Part2(①働く現場の生の声+②院長への提言)

 メディカルプラザのこれまでのコンサル経験から、「女性獣医師は40歳までに80%以上の方が臨床現場をやめてしまう」ことが分かっています。  しかしながら、なぜ臨床現場から離れてしまうのか、その理由は調べてもどこにもありませんでした。  そこで、ベテリナリオ が独自に調査することにしました。

女性獣医師の本音トーク その1 Part1(①働く現場の生の声+②院長への提言)

現役の女性獣医師として現場を経験した体験談を、赤裸々に語っていただきました。是非、これから女性獣医師として現場に入る方、現場を目指す方、そして復帰をする方に現場の声として参考にしていただきたい記事です。

【元院長と新院長の証言 6】開業の動機 女性獣医師としてなぜ開業に踏み切ったのか?

 現在の日本では、長期勤務している女性獣医師や復職してくる女性獣医師は非常に少なく、女性開業医となると稀な存在になってしまいます。動物病院業界としては人材不足の対処として、これからの女性獣医師の活用は不可欠なものになっていくものと人材紹介 ベテリナリオは考えます。  そんな中で、女性獣医師として開業された渡邉元院長に、なぜこの筑西市で開業しようと思われたのか、その動機などを伺いました。

【元院長と新院長の証言 5】開業院長は20代でどんな働き方をして来たのか?

 ぜ企業病院に譲らずに、個人勤務医に譲ったのかについて、元院長2人にインタビューしていますが、今回は、元院長と新院長が実名で取材に応じて下さいました。

【勤務医必読 知っているか知らないかで将来に明暗 3】改正動愛法施行を犬籍登録のJKCはどう捉えているのか

 この改正動愛法施行がペット業界、動物病院業界にどんなダメージをもたらせるのかについて、2度にわたり、犬猫適正飼養推進協議会・石山恒会長にお話を伺いました。  このダメージが真っ先にやってくるのは、「川上産業」である、繁殖ブリーダーとJKC・一般社団法人ジャパンケネルクラブです。  そこでJKCにこの法改正をどのように捉えておられるのかについての特別インタビューを行いました。

【勤務医必読 知っているか知らないかで将来に明暗 2】改正動愛法施行によるダメージはいつからやってくるのか?

 悪徳ブリーダーの撲滅などを目的として2003年の動愛法改正によって起きたことは、悪徳ブリーダーよりも適法ブリーダーやホビーブリーダーが大量に事業を止めてしまうという結果になり、犬の少子化の引き金になりました。  そして、2019年の法改正では、さらなる制約が追加されペット業界全体に大ダメージを及ぼして来ます。  このダメージがいつ頃からやってくるのか、その予想について、再び、犬猫適正飼養推進協議会・石山恒会長に伺いました。

【勤務医必読 知っているか知らないかで将来に明暗 1】 前代未聞の動物愛護管理法の改悪で、動物病院業界はどんなダメージを受けるのか?

 犬の少子化を生み出した原因も動愛法の改正ですが、2021年施行の4回目の改正動愛法はペット業界全体にかつてないほどの大ダメージを及ぼすことになると予想されています。  まずは、この法改正によって何が起きて、それが小動物の動物病院にはどんな影響を及ぼすことになるのかについて特別インタビューを行いました。